主な仕様

注文住宅・規格住宅に共通した仕様内容です。

 

地盤調査・・・安心の第一歩が地盤調査です。

しっかりした家造りには安心の地盤が必要です。

主にスウェーデン式サウンディング試験にて行います。

スピーディに信頼できる的確な地盤情報が得られます。

ベタ基礎工法
ベタ基礎工法

ベタ基礎・・・一般的な布基礎に比べて建物の重さや地震エネルギーを床下の基礎全面でガッチリと受け止めます。

また、熱いコンクリートで覆っているため、地中からの湿気やシロアリの発生を抑える効果があります。

基礎パッキン工法
基礎パッキン工法

基礎パッキン工法・・・基礎と土台の間に、全周面換気を行う基礎パッキンを採用しています。

従来の床下換気口方式に比べ約2倍の換気能力を発揮します。

土台の適度な乾燥化により腐れを防ぎ、シロアリを寄せつけません。

剛床工法
剛床工法

剛床工法・・・構造合板24㎜厚をフローリング12㎜の下に敷くことで、36㎜の床になっています。床面のねじれを防ぎ、耐震性を強化します。

主要構造材
主要構造材

主要構造材は集成材・・・集成材とは、20~30ミリ程度の剤を積層接着した材料です。特徴としては、寸法変化が少なく、強度が強いことや、自由度が高く資源面からもやさしいことです。

JASマーク柱を採用しています。

金物工法
金物工法

金物工法・・・接合金物は木材(構造部材)をつなぐ重要な部分です。部材同士の接合部を強固な金物でジョイントして躯体を形成しています(通柱に採用)。

荷重・地震・台風などによる歪み等に対して強度が向上しました。

通気工法
通気工法

通気工法・・・外壁内の湿気を放出するために、外壁材と透湿シートの間に通気層を設けています。

空気の通り道で、結露を防止します。

ペアガラス
ペアガラス

ペアガラス・・・結露対策はペアガラスを採用しています。

断熱材
断熱材

断熱材・・・断熱材は国内シェアNo.1のグラスウールを採用しています。無機質なので燃えず、ガスも発生しません。防音性能や耐久性能にも優れています。

安心点検
安心点検

安心の点検体制・・・第三者機関による施工途中からのチェックにより安心です。

お引渡後も定期点検があります。

保証期間は項目にもよりますが、最長20年(10年延長保証は有償)です。